TOPICS

むち打ち症とは

不幸にも交通事故に合われた方が、一番起こしやすいのが、むち打ち症です。むち打ちとは、追突などをされた祭に、首が後ろに大きく振られ、その反動で、前方にさらに強い勢いで振り出されます。その時に首の関節や筋肉を痛めるものです。1口にむち打ちといってもいくつか種類があります。


軽度むち打ち症
振り出された際に、筋肉や靭帯を少し伸ばしてしまった状態です。
〜症状〜
肩こり・重だるい感じなど



中度むち打ち症(頚椎捻挫)
筋肉や靭帯が部分的に断裂してしまった状態です。首の骨がかなり不安定になります。
〜症状〜
首を動かした時の痛み・首の付け根や後頭部の痛み・頭痛など



重度むち打ち症
首の骨の間を通っている神経が引き延ばされた状態です。
〜症状〜
腕のしびれ・痛み・感覚のマヒ・力が入りにくいなど
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
8dto