TOPICS

坐骨神経痛(足のしびれ)

坐骨神経痛(足のしびれ)はさまざまな原因で起こります。椎間板ヘルニア・腰部脊柱管狭窄症がその代表です。そのほかにも梨状筋症候群、腓骨神経麻痺、足根管症候群などがありますが、共通するのは坐骨神経などの足を走る神経を障害しているということです。
つまり坐骨神経痛とは「足がしびれている」という状態、状況をさす言葉で、病名ではありません。何が原因で坐骨神経や他の神経が障害されるかで、上記したような病名が付きます。


症状から原因を特定
原因それぞれに特徴的な症状があります。椎間板ヘルニアの場合、寝たまま足が上がらない、太ももの一部だけが異常に痛むなど、脊柱管狭窄症の場合、歩くと痺れ出すなどです。
各種検査で原因を特定しそれぞれ処置をします。


なごみ整骨院の治療
その原因となった部位を中心に全身の調整を行います。一時的な筋肉の過緊張による血流障害なども起こるため、筋肉もしっかりほぐします。脊髄脱出型などの重度のヘルニアの場合は整骨院での治療は困難なため、適切な医療機関をご紹介します。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
lh26