TOPICS

スポーツ障害

特定のスポーツを続けていると、一定の動きが多くなり、特徴的な痛みなどの症状がでることがあります。それがスポーツ障害です。

野球    →野球肘・TFCC(手首の痛み)

バスケット →オスグット病・足首捻挫

テニス   →テニス肘       など


特定の動きを強制されると体も歪みやすく、いろいろな障害を併発しやすくなります。とくに、部活をする学生は骨格の成長とかさなり、症状が出やすくなっています。

スポーツをされている方で動きの硬さや違和感が出てきたという方はお気軽にご相談ください。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
ao8x