TOPICS

慢性の肩こり

慢性の肩こりは主に、首の付け根から肩にかけて伸びる、僧帽筋という筋肉の緊張によって起こります。一番の原因は猫背などの姿勢不良です。それに加え、ストレス、背骨の歪み、手先の使いすぎなどで悪化し、ひどくなると頭痛・吐き気・そしていわゆる五十肩と呼ばれるものも発症しやすくなります。


なごみ整骨院の治療
まずは、僧帽筋を中心によくほぐします。その上で背骨が柔らかく動くように調整し、姿勢を改善させます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
olml