TOPICS

産後の骨盤矯正

女性は妊娠すると、その準備としてリラキシンというホルモンの働きで、少しずつ骨盤周辺の靭帯が緩んでいきます。
本来、逆三角形の骨盤が出産直前には「台形」のような形になります。無事に出産を終えると、ホルモン分泌がおさまり、骨盤は元の形に戻ろうとするのですが、赤ちゃんを抱っこしたり、そのまま炊事などの家事をするうちに左右のアンバランスが生じ、その状態で固まります。それが出産後にいろんな症状を作る原因となります。

出産直後の方はもちろん、数年経過している方も、気になる方はぜひご相談ください。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
l4hy