TOPICS

バランスこそが重要

そういった疲れや筋肉の張りが「痛み」にかわるきっかけが”骨盤のゆがみ”です。骨盤のゆがみとは前後左右のアンバランスのことです→骨盤矯正
例えば棒を地面に立てた際、地面に対してまっすぐ立っていると基本的に支えは必要ありません。ですが、ほんの数センチでもどちらかに傾くと、傾きの大きさに関係なく必ず倒れてしまいます。
ここでいう「支え」が筋肉です。ゆがみのある人は「ただ立っている」だけで筋肉に通常よりも大きな負担をかけています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
g6hw